OMM Aether Jacket(イーサージャケット)

OMM Aether Jacketは、軽量で高い防水性といった普及性、ひいては少なく折り畳めるフニャフニャさを併せ持つ最新の3レイヤーeVentRテーマを採用したオールマウンテンモデルだ。

ステップを狙いに軽量化に拘り、あと少し軽ければ超軽量レインのユニットに入るような衣類に仕上がっている。
こういう衣類の強みは、その軽さと激しい演出へのフレキシビリティの高さ、そしてなんと言っても高い透湿性にあります。

耐水圧10M,透湿性31,000g/m2という驚きの統計を誇るEvent社の新テーマDVSTORM3レイヤーファブリックを配置し、どのような蒸し暑い景気も衣装内側は驚くほど乾きで、感触もサラサラとして楽を持ちます。
常識、多雨の中で登山をしていると、レインジャケットのインナーは潤いという高熱がこもり、汗でべたつき、すぐさま人泣かせ極まりない状態になってしまうものですが、そういった景気下位においても信じられないほど快適に着用することができるレインウエアだ。
登山の他にも、トレイルジョギング、ファストパッキングなど、 高熱の大きいありとあらゆる動作にも最適です。

また、軽量化のために出来る限り縫い目を切り落としながらもワイヤー入りの立体フードパターンは、はなはだ厳しいウエザー下位においても高い辺りで多雨の同行を防ぐことを可能にしました。

Aether Jacketの目方約205g(M容積)という驚異的な軽さは、ギアの軽量を図りながらある程度の規格を求めたいスペシャリストや登攀ら無駄を省きたい本格派にはその軽さといった出来の高さからおすすめです。

本格的な登山を始める際に、レインウェアの調達で迷う方も多いのではないでしょうか。

調べてみると、防水性や透湿性など様々なからくりがついていて、びっくりするくらい高め代物もあります。
も、せっかく登山を始めるのならしっかりした機能性のレインウェアを購入することをおすすめします。

モンベルのストームクルーザーは、モンベルを代表するレインウエアで、、縫製ポイントを燃やすなどの大幅軽量化と共に、GORERC-ニット?バッカーテクノロジーによる結果、次世代軟らか着心地を実現している。
また、すっきりした無駄のない影ぼうしで、ウインドブレーカーや防寒着としても奮闘行う。
デザイン性よりもわかりやすさを重視していらっしゃる一部分はありますが、上着230g、ボトムス173gって軽量で、トーンバリエーションや容積展開も豊富です。
単価は、上着19,500円(TAXカット)、ボトムス13,500(TAXカット)といった非常に堅実な単価だと思われます。
またモンベルは、いつの種類も修繕を受け付けてくれ、アフターケアがきめ細かいことでも有名な製造元なので、安心して購入することができます。

他にモンベルのレインウェアでは、実情絶頂状況の規格を整えるゴアテックステーマによる、最高の透湿性という軽量コンパクト性を実現した種類のトレントフライヤーや、とにかくリーズナブルな単価を達成した変位条件のドライテックレインウェアもおすすめです。鼻ニキビ.xyz